掃除機は重要な家電だった

結婚してから数年、掃除機は節約のためにと買わないでも過ごせる家電だと、持たない生活をしていました。ほうきをかけて集めて、ちりとりでごみをとって、雑巾をかけてという掃除でした。そんな時に友人が掃除機を買い換えるのでいらないか聞いてくれました。そこでお言葉に甘え、ゆずってもらいました。その時に使って、ここまで早く楽ができるのかと思いました。主人もこれならばと、自分から掃除機をかけて掃除しくれたりして、今までと掃除の時間が全然違う事にも感激しました。当たり前の事ですが、いざ実感すると本当に嬉しく助かります。早く掃除が終わる分違う事に時間もさけますし。体の負担も軽く済みます。しかも、掃除機も音が静かな者だったり、吸引力が持続するものだったり、自動で床を掃除してくれるものだったり、家電売り場でみるようになってからはどんどん欲しい機種も増えました。職場の人が高い掃除機を買ったら今までとすいこみが違って楽しくなるという話を聞いて、掃除も楽しく便利になるのがとても良い事だと思いましたし、自分も使って実感してみたいと思いました。

家電で掃除機があると良いと思う大きな理由にはダニ対策という事もあります。布団に掃除機をかけるだけで、表面にいるダニやアレルギーのもとになるというダニのフンをすいとれるというのを専門家の人がテレビで言っていました。布団をたたくと、ダニを布団に押し込める事になると布団屋さんなどの発言で知ってからは困っていました。布団乾燥機のダニ対策より時間もかからないのも良いです。

関連サイト情報